お子さまの視力について

学校からの検診結果で、子どもの視力が心配になった!
まだ小さいけど、子どもの眼の動きが気になる!
など、子どもの視力に不安を感じるという声が多く聞かれます。
視力の変化や異常は、とにかく早く見つけて眼科医を受診することが大切です。
お子様の視力低下の発見につながる日常のサインと、
主な症状をご紹介いたします。

  • 01.お子さまの視力について考える
  • 03.遠視について
  • 05.斜視・斜位について

お子さまの視力について考える

子どもの視力変化・視力異常に敏感に!変化をすばやくキャッチすることが大切です。

子どもの視力は、身体の成長とともに、少しずつ発達するといわれています。
生まれてすぐの赤ちゃんの視力は、光の加減が分かる程度ですが、身体の成長と同じように、視力も徐々に発達し、5~6歳頃には、色を見分ける構造も出来上がり、大人と同じくらいの視力をもつようになります。

私たちは、ものは目で見ていると思いがちですが、実は、目で見た情報が、脳で認識されて、はじめてものが見えていることになります。
情報を最初にとらえるのが、目。つまり、情報の入り口となる目で、正しくものをとらえるということは、脳の発達にも大きく影響してくるといえるのです。

そこで大切なのが、子どもの視力に敏感になることです。
ほとんどの子どもが、「見えにくい」など、自分で視力の異常を教えてくれることはありません。そのため、身近にいる大人が、注意して視力の変化に気づいてあげなくてはならないのです。もちろん、学習をする姿勢やゲーム・読書楽しむ時の環境にも配慮し、子どもとともに、眼の大切さを考えることも必要なことです。

視力異常は、早期に治療することで改善につながる場合もあります。少しでも気になることがあれば早めに眼科で受診するように心がけ、子どもの視力を守ってあげるようにしましょう。


  • 子どもの視力は、少しずつ発達しています。子どもの視力に敏感になることが異常の早期発見にもつながります。
  • 子どもは自分から視力の異常を教えてくれません。大人が変化をキャッチすることが大切です。

このページのトップへ

近視について

近視と仮性近視は違う?

近くは良く見えても、遠くを見るとぼやけて見えるのが近視。では、近視といっても、仮性近視と近視があることをご存知でしょうか。

仮性近視は、長い時間の読書や、ゲームなど、目を酷使したことがきっかけとなって、一時的にピント合わせの機能が失われ、視力が低下した状態のことです。症状の多くは子どもに見られ、軽い仮性近視の場合は、生活習慣を改善したり、トレーニングや目薬を使うことで症状を回復することも可能です。

一方、近視は、眼球の屈折力に問題があるため、遠くを見る時に、ピントを合わせることができず、ぼやけたり二重に見える状態のことです。日常生活に支障が生じる場合、メガネ等を装着して、遠くにピントをあわせる必要があります。近視の場合、悪化を防ぐことはできても、視力を回復することは難しいのが現状です。

子どもは、日常生活の中で、たくさんの視力異常に関するサインをだしています。いつもより、テレビに近づいている、目を細めている、あごを出したり引いたりして調節しているような仕草など、変化を感じたら、早めに眼科医の診断を受けることが大切です。


  • 子どもの近視は必ずしも仮性近視とは限りません。異常を感じたら眼科医の受診をおすすめします。
  • 近視は、日常生活にも支障がでてきます。子どもの様子に変化を感じたら視力の低下も疑ってみましょう。

このページのトップへ

遠視について

幼児期の視力低下は「遠視」にご注意!

幼児期に注意したいのが、近視よりも遠視です。強度の遠視の場合、3歳児検診などで判明することが多いのですが、弱度や、中程度の遠視は見逃されてしまうことも少なくありません。

遠視の原因のほとんどは、眼の成長不足ともいわれており、成長するにつれて改善されることが多いのも特徴的です。しかし、遠視は、遠くのものも、近くのものもぼやけて見えるため、いつもぼんやりとした像を見ていることになり、そのままにしておくと、結果として、視力の発達に影響を及ぼし、弱視や斜視につながることもあるのです。

また、つねに近くを緊張して見続けるということは、目の疲れだけでなく、集中力の低下や、落ち着きがないなどの日常生活にも関係してきますので、早く発見し、適切な治療を受けることが大切です。

お子様が斜めにものを見ていたり、近くでも目を細めているような場合は、お近くの眼科医にご相談されることをおすすめします。


  • 遠視は、斜視や弱視の原因となり視力の発達に影響を及ぼすことがあります。
  • 軽度や中度の遠視は、見逃してしまいがちです。お子様の視力に関心を持つことで変化を早くキャッチすることができます。

このページのトップへ

弱視について

弱視は、早期発見、早期対応が大切です!

子どもの視力は、毎日、眼を使ってものを見ることで、発達していきます。しかし、発達の途中で、眼の病気やケガ、屈折異常(遠視・強度近視・乱視・不同視)などで、ものが見えにくい時期があると、視力の発達が遅れてしまうことがあります。この状態を弱視といいますが、メガネをかけて、見える場合は弱視とはいいません。

弱視にもいくつかの種類がありますが、治療で大切なことは、早く発見して早く治療を行うことです。視力の発達期間を過ぎてしまうと、治療の効果も低くなってしまいます。
弱視の原因はさまざまですが、遠視が原因の場合はメガネをかけて矯正をしていきます。また、原因が遠視以外の場合でも、さまざまな治療をした後に、弱視訓練を行っていきます。


  • 弱視は、早く発見して、
    発達時期に治療をすることが大切です。
  • 弱視の治療は、屈折異常を矯正して両目をしっかり使う訓練を行っていきます。

このページのトップへ

斜視・斜位について

不自然な眼の動きは、何かのサイン!

人はモノを見るときに、右眼と左眼、両方の眼を使って形や距離をとらえています。 ところが、片方の眼が見ようとするものを見ているにもかかわらず、もう片方の眼は、見ようとしているものと違う方向を向く場合があり、これを斜視といいます。
両方の眼を使って、ものを一つに見るという働きは、視力と同じように少しずつ発達をしていく機能です。しかし、発達の途中で、病気やけがなどで両眼を使うことがうまくいかない場合、斜視になることがあります。

斜視の原因は、眼の筋肉や神経の異常によるものや、遠視による調節性の斜視など、個々によって違います。また、斜視にも斜視が表れる方向が上下左右と違ったり、斜視の表れ方が周期的だったりと、いくつかの種類があります。

斜視の治療は、遠視が原因となっている場合、メガネをかけて遠視を矯正します。また、斜視によっては特殊な器械で視能訓練をする場合もあります。

  • お子様の目つきがおかしいと感じたら、勝手に判断しないで眼科医の診断を受けましょう。
  • 遠視が原因となっている斜視の場合は、矯正するメガネをかけることで改善されます。

このページのトップへ

気づいてあげること

日常の小さなしぐさが子どもからのサインです。

いろいろなものを見ることで、少しずつ成長していく子どもの眼。
しかし、さまざまなことが要因となって、視力が順調に発達しないことがあるかもしれません。
遠視、近視、弱視、どのようなケースでも身近な存在の大人が、視力の変化に早く気づいて対応してあげることが大切です。
子どもは無意識のうちに、たくさんのサインを出しています。そのサインをすばやくキャッチして、眼科医の診断を受けることが、子どもの眼を守ることにつながっていきます。

このページのトップへ

お子さまの視力について

  • キッズクラブ保証
  • 知ってください お子さまの近視・遠視
  • キッズメガネ人気ランキング
  • 治療用メガネの健康保険について
  • スポーツメガネ特集
  • 店舗検索